食物繊維を取ることは大事!そして便が出るとお腹に語りかけると効果的

生理前や緊張する出来事、ストレスなどで便秘になってしまうことが多くあるため、便秘解消の為にいろいろ試してみました。その中で便秘に効いたものをご紹介します。

便秘解消法の一つ目は、テレビやネットなどでも良く紹介されている「食物繊維を取る。」方法です。私は食品から取っていますが、普段は毎朝、食物繊維を多く含む2種類の「コーンフレーク」を混ぜ合わせ、牛乳を混ぜて食べるようにしています。

普段であればこれで大丈夫なのですが、3日ほど便が出ない時は、バナナ一本を適当な大きさに切り、ヨーグルトを入れ、きな粉、クルミを混ぜて食べるようにしています。

これは以前お父さんが、私が便秘が1週間ほど続いて悩んでいた時に「健康にもいいし、便秘にも効くよ。」と言って作ってくれたレシピです。バナナ、きな粉、クルミは食物繊維を多く含んでいて、ヨーグルトは腸内環境を整えてくれるということで、試しに食べてみました。そうしたら、次の朝に沢山の便が出ました。特に、きな粉とクルミが大好物なので、しばらく毎日食べていたら、自然と毎日決まった時間に便が出るようになりました。やはり、食物繊維を取ることは大事なんだなあと、この時改めて感じました。

便秘解消法の二つ目は、お水を沢山取ることです。お医者さんに「便秘で、お腹がポッコリなるんです。」と相談した時、「お水を沢山飲みなさい。」と言われました。

私は毎日1L~1.5Lくらい取ろうと決めています。もちろん、お水をそんなに飲めない日もあるので無理はしないのですが、お仕事などでお水をあまり飲めない日などは、次の日便が硬かったり出なかったりするので、お外にいてもお水を積極的に取れるように、いつも鞄に入れています。

便秘解消法の三つ目は、体の緊張をほぐしてあげることです。やはり人間関係などでストレスがたまってしまった時、緊張する場所に行かなければならない時などは、ほとんど便が出ません。

私は決まって朝の11時くらいに便が出るので、それを過ぎてしまうと「今日は便が出ないのかな。」と不安になってしまうのですが、そういう日はお腹をさすりながら「大丈夫、落ち着いて。」と自分で体をリラックスさせるように心掛けます。深呼吸などもして気持ちが落ち着いてくると、便が自然に出てくる時も多いです。

以上の方法で、便秘にならないように毎日気を付けています。やはりいつも、自分の体が健康であるように注意しておかなければと思います。